梅雨時期のむくみ

梅雨時期の体調不良

天気の悪い日の多い梅雨になると、身体がだるくなったり、体調がいまひとつと感じる人が多いのではないでしょうか?ジメジメとした梅雨には、湿度が高くなったり気圧が下がったりするため身体にさまざまな影響が現れてきます。

梅雨とむくみ

むくみは梅雨の時期に起こりやすい不調の一つです。人間の身体は汗をかくことで体温の調節をしています。スポーツをした時やお風呂の時のような汗とは違い、ジワジワと蒸発をしているのです。湿度が高くなると、汗が皮膚の表面から蒸発しにくくなり、体内の熱が上手く発散できずに体調を崩すきっかけになってしまいます。このような状況が続くと体内の水分代謝が滞り、むくみが生じてしまうのです。
また、天気が悪くなり気圧が下がると、副交感神経が優位になりますが、一方では体内でヒスタミンという物質が増えることにより交感神経が刺激され、自律神経のバランスが取りにくくなるといわれています。自律神経のバランスが崩れると、体温調整機能が上手く働かなくなり、梅雨の湿度や温度の変化に身体がついていかず、だるさを感じます。交感神経が激されると、血管が収縮して血液の流れが悪くなり、細胞の余分な水分を排出しにくくなりむくみを増長してしまいます。

水分補給と循環

この時期にむくみ対策を怠ってしまうと気候の変動も加わり大変なことになりかねません。ジメジメに負けず体内の循環を良くし、むくみも心もスッキリさせましょう!
むくみ対策には水分補給が大切です。むくむのが嫌だからと水分を控えてしまうのは間違いです。体が水分不足になっていると勘違いし、ますます水の流れを停滞させてしまいます。こまめな水分摂取を心がけましょう。
体内の余分な水が流れて行くのはリンパです。リンパが集まるリンパ節は老廃物が詰まってしまいやすい場所です。リンパ節が詰まってしまうと余分な水分も流れていくことができません。リンパ節は膝裏、そけい部、脇の下、鎖骨下などにあります。これらの箇所にメディセル施術をするとゴリゴリとした感覚を感じる人もいます。これはリンパ節が老廃物で詰まっている証拠。メディセルで吸引しながらマッサージをすることで皮下にゆとりを持たせリンパの通り道をつくることができます。

むくみが慢性化する前に

むくみは慢性化しやすく、また女性の病気の誘因となってしまいやすいものです。最近よくむくむなと感じた時にはお近くのメディセル導入店にご相談してみてください。

サロン検索はこちら

治療院検索

ほねつぎ鍼灸接骨院下見院
東広島市西条町下見4433-2
TEL:082-426-5215
詳細はこちら

ほねつぎ鍼灸接骨院下見院です。

治療院検索

あきな美容整体院
大和高田市礒野東町1-10上田ビル 4F
TEL:0745-22-6439
詳細はこちら

あきな美容整体院です。