夏のむくみ予防

見落としがちな夏のむくみ

夏本番を迎えると、暑い日々が続いていきますね。暑い夏にはちょっと動くだけでも汗が出るので、夏はむくみにくいと考えられがちです。しかし、実は冬よりも夏の方が体はむくみやすいと言われているのです。
夏だからこそ考えられるむくみの原因があります。その一番の原因は、体の冷えによるものです。暑いからこそ、室内はどこも冷房がきいていたり、冷たい物を摂る機会が増えます。そんな状態では体が冷えてしまい、体の中の循環が悪くなってしまうのです。また、暑い中では汗が出てしまうので尿量がへりますが、逆に涼しい室内にずっといると汗をかきにくくなるため、体内の水分調節が難しくなってしまいます。

冷えを制する

夏のむくみ対策としては、まず体を冷やさないようにすることが大切です。室内が寒くなり過ぎないように、冷房の温度設定に注意しましょう。職場などで温度を上げてもらうのが難しい場合などには、何か1枚羽織るものを準備しておくと良いでしょう。
夏は水分補給が大切ですが、冷たい水をガブガブと飲んでしまうのは良くありません。特に、冷え対策では体温よりも少し高い温度のぬるま湯が良いとされています。

流れる体をつくる

むくみの原因はリンパや血液の循環が悪くなることです。夏のむくみは、体が冷えただけではなく、もともと血液やリンパの流れが悪かったところに体が冷え、さらに血液やリンパの流れが悪くなりむくみがひどくなったというケースが多いと言われています。ですから、循環の良い体をつくることも大切です。

むくみケアは皮膚を押すから吸うのアプローチ

そのためにはメディセルが効果的です。吸引することにより皮膚を吸い上げ皮下にゆとりを持たせることで、血液やリンパの通り道を作り体内の循環を良くすることができます。血液やリンパの循環を良くすることは、冷え対策にもつながります。循環・冷え対策でむくみ知らずな夏を過ごしましょう。