塩分とむくみ

むくみの原因

一般的にむくみの原因は、水分の摂り過ぎや塩分の摂り過ぎと言われます。
塩分を摂り過ぎると取り込まれたナトリウムの濃度を下げるために、血液中の水分が血管やリンパ管の外に染み出し、余分な細胞外の水分が増えることで体がむくみます。
また、塩辛いものを食べ過ぎると喉が渇きます。これも高くなった体内のナトリウム濃度を下げようとする反応です。通常、水分はたくさん摂っても余った分はちゃんと尿として排出されるのですが、塩分を摂り過ぎナトリウムが過剰になると、体の中の水分を溜め込もうとして余分な水分が排出されにくくなり、むくみの原因となってしまうのです。

食事と塩分

塩分が多い食品は、梅干しや漬け物、わかめ、たらこ、ハム、カップラーメンなどの他、調味料では塩やしょう油、味噌、オイスターソース、固形コンソメなどが挙げられます。
世界的に見ても、日本人は塩分の摂取が多いことで知られています。日本食に使われるしょう油や味噌に塩分が多く含まれているため、日本人は伝統的に塩分が多い食事を好む嗜好性が強いと言われています。また、加工食品の摂取が増えたことで塩分摂取が増えています。加工食品には保存と味付けのために多くの塩分が使用されます。

食事でできるむくみケア

塩分の過剰摂取が気になる場合には、カリウムの摂取を心がけると良いでしょう。カリウムは、体内のナトリウムを体外に排出する働きがあります。カリウムは果物や野菜に多く含まれ、干し柿やアボカド、リンゴ、干しひじき、バナナ、ほうれん草、ジャガイモ、ブロッコリーなどに豊富に含まれます。カリウムは煮たり、茹でたりすると溶け出してしまうので、生で食べたり、スープにするなど煮汁ごと摂取できるよう工夫すると良いでしょう。

ナトリウムとカリウムは体の水分調整のために重要な成分です。そのため、塩分の撮り過ぎや、野菜や果物の不足によるナトリウムとカリウムのバランスが崩れてしまうような食生活は見直す必要があるのです。

サロン検索はこちら

治療院検索

ダイエット&ビューティ ゲットスマイル
旭川市神楽4条6丁目北洋銀行2F
TEL:0120-332-814
詳細はこちら

今よりもっと輝く笑顔に!! 美と健康を手に入れるサポートし

治療院検索

健幸堂
岡山市北区駅前町1-8-5ドレミの街 2F
TEL:086-221-7277
詳細はこちら

始めた人からキレイになれる!! 痛っ!!でも気持ちいい〜。