クーラー病とむくみ

クーラー病とは?

人間は体温を常に一定に保つ機能を持っているため、暑い夏でも汗をかくことによって体温を下げることができます。
しかし、エアコンの良くきいた場所にずっといることで体温の調節機能が乱れ、クーラー病を引き起こす人が多くいます。オフィスで仕事をする方や営業車などで移動が多い方によく見られ、特に女性に多いクーラー病。女性は冷え性の方が多いので、一日中オフィスの冷房の中にいるとクーラー病になる方がよくいらっしゃいます。

クーラー病の症状

症状としては、むくみ・頭痛・肩こり・腰痛・疲労感・食欲不振・不眠症など、冷え性の症状と同じです。では、寒さ対策だけをすれば大丈夫かというと、そうではありません。ひどくなると体に染み付いてしまい、冷房がきいている部屋などに入ると症状が出てしまったりも。そうなると夏場の仕事場は当然ですが、買い物に行った際や外食をした際にも頭痛などの症状が出てしまう事があるようです。

クーラー病の原因

クーラー病の原因は、急激な温度変化に体がついていかなくなることです。体温調節をする自律神経が対応できなくなってしまうのです。自律神経が対応できるのは、温度差5℃くらいまでと言われています。自律神経は、気温に合わせて体温を調節しますが、暑い屋外から涼しい室内へ、急激な温度変化を1日に何度も繰り返していると、自律神経に負担がかかり、血液やホルモンバランスに異常を来たし、足腰の冷えや頭痛、体のだるさを感じるようになるのです。

予防策

仕事上、どうしてもクーラーのきいた部屋にずっといなければならないこともあります。寒い室内では冷えないように上着を羽織るなど、急激な温度の変化には気をつけましょう。冷やさないこと、乱れた自律神経を整えることが大切です。冷え対策、自律神経を整えるにはメディセルが有効です。体内の循環を良くする事で冷えが改善され、冷えからくるむくみや頭痛、肩こりなどの解消にもつながります。また、夏は長期休暇を取る時期でもあるため、どうしても夜更かしや暴飲暴食などの不摂生をしがちです。こうしたライフサイクルは知らず知らずのうちに自律神経に悪影響を与えてしまいます。規則正しい生活を心がけることもクーラー病の予防となるのです。

サロン検索はこちら

治療院検索

Deco*Rela-Mahalo-
岡山市北区幸町5-211F奥フロア
TEL:086-206-2330
詳細はこちら

平日夜21時まで★口コミ多数★ 人気ヘアサロンデコヘアーと

治療院検索

スリムサロン 笑音
鯖江市当田町11−7−11
TEL:0778-43-5248
詳細はこちら

ご訪問ありがとうございます。 スリムサロン笑音の田村祥代で